信頼されたルート証明機関 に 電子証明書 を インポート する方法

0 件のコメント

今回は Active Directory 証明書サービス (サーバー側)が安全であることをクライアントに登録する手順を記載します。 あらかじめ、証明書サービス の ルート証明書 が出力され、手元に cerファイル がある前提で進めます。

※Active Directory 証明書サービス の ルート証明書 発行手順は こちら

目次

ウィザード を利用した インポート

  1. 証明書ファイル を ダブルクリック
  2. 「証明書のインストール」を選択
  3. [ローカル コンピューター] を選択して「次へ」を選択
  4. [証明書をすべて次のストアに配置する] を選択して「参照」を選択
  5. [信頼されたルート証明機関] を選択して「OK」を選択
  6. [証明書ストア] に "信頼されたルート証明機関" が入力されていることを確認して「次へ」を選択
  7. 「完了」を選択
  8. 「OK」を選択

コマンド を利用した インポート

rootcert.cer という名前のファイルに含まれる証明書を ローカルコンピューター の ルート証明書ストア に追加するコマンドを次に示します。 コマンドプロンプトは管理者で起動して、以下のコマンドを実行します。

コマンド サンプル

certutil -addstore ROOT rootcert.cer

コマンド オプション

使用法:
  CertUtil [オプション] -addstore 証明書ストア名 入力ファイル
  証明書をストアに追加します
    CertificateStoreName -- 証明書ストア名です。See -ストアを参照してください。
    InFile -- ストアに追加する証明書 CRL ファイルです。

オプション:
  -f                -- 強制的に上書きします
  -enterprise       -- ローカル コンピューター エンタープライズ レジストリ証明書ストアを使用します
  -user             -- HKEY_CURRENT_USER キーまたは証明書ストアを使用します
  -GroupPolicy      -- グループ ポリシー証明書ストアを使用する
  -Unicode          -- リダイレクトされた出力を Unicode として書き込む
  -gmt              -- 時刻を GMT で表示します
  -seconds          -- 時間を秒とミリ秒で表示します
  -v                -- メッセージを詳細に表示します
  -privatekey       -- パスワードと秘密キーのデータを表示します
  -pin PIN                  -- スマート カードの暗証番号 (PIN)
  -dc DC 名                 -- 特定のドメイン コントローラーを対象にします
  -sid WELL_KNOWN_SID_TYPE  -- 数値 SID
            22 -- ローカル システム
            23 -- ネットワーク サービス
            24 -- ローカル サービス

プログラム による インポート

コンソール アプリケーション でインストールする場合のサンプルコードを記載します。

サンプルコード

namespace CertInstaller
{
    using System;
    using System.Security.Cryptography.X509Certificates;

    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            try
            {
                // 証明書ファイルへの絶対パス
                var filename = args[0];

                // 証明書のインスタンスを生成
                var cert = new X509Certificate2(filename);

                // 証明書ストアのインスタンスを生成
                var store = new X509Store(StoreName.TrustedPublisher, StoreLocation.LocalMachine);

                // 証明書ストアを開き、証明書を追加する
                store.Open(OpenFlags.ReadWrite);
                store.Add(cert);
                store.Close();
            }
            catch (Exception exception)
            {
                Console.WriteLine(exception.Message);
            }
        }
    }
}

[おまけ] 正しくインポートされたことの確認

証明書が正しくインポートされたかどうかの確認は、Microsoft 管理コンソール(mmc) に 「証明書」スナップイン を追加して行います。 ここでは、「証明書」スナップインの追加から確認に至るまでを記載しています。

  1. [スタート]メニュー から「ファイル名を指定して実行」を選択
  2. "mmc" を入力して「OK」を選択
  3. [ファイル]-[スナップインの追加と削除] を選択
  4. 利用できるスナップインから[証明書]を選択し、「追加」を選択
  5. [コンピューター アカウント] を選択し、「次へ」を選択
  6. 「完了」を選択
  7. 「OK」を選択
  8. [コンソール ルート]-[証明書(ローカル コンピューター)]-[信頼されたルート証明機関]-[証明書]と展開
  9. 一覧にインポートした証明書があることを確認

関連記事

参考記事